初心者でも安心!スポーツジム6選

ホーム > スポーツジムについて > スポーツジムの申し込みで必要な3点の物

スポーツジムの申し込みで必要な3点の物

 スポーツジムに通う場合、まずは体験コースなどを活用するのが一般的です。
まずは一旦スポーツジムの予約を取って、体験コースに行く事になる訳です。
体験コースでは、無料でスポーツジムで運動する事ができます。
ジムを選びたい時には、とても便利なサービスです。
体験が完了したら、改めてジムのスタッフと話をする事になります。
そして長期的に通い続けるかどうかを決める訳です。
通い続ける事になった場合は、ジムで契約手続きを踏みます。
たいていジムに申し込み書がありますから、必要項目を順次記入して、事務に書類を提出します。
その後は、ジムには通い続ける事になる訳です。
基本的には長期で通い続ける事になるので、契約書の内容は慎重に確認しておく方が無難です。
そして契約の際には、別途で必要な書類もあります。

 スポーツジムに通う当日の主な持ち物は2つあって、1つ目は身分証です。
公的機関で発行される保険証や免許証などを、ジムの担当者に提示する事になります。
ちなみに郵送やWEBで身分証を提示するのではなく、あくまでもジムの窓口で提出する事になります。
ですから当日は、ジムには身分証を持参する必要があります。
基本的には、公的機関から発行されている書類なら、特に問題はありません。
しかし社員証などは身分証と見なされないケースがありますから、注意が必要です。
公的機関の証明書を提示するのが、一番無難です。
なおジムに提出する書類は、できれば顔写真が付いている物が理想的ではあります。
しかし付いていなくても、申し込みは可能です。
金融機関に提出する身分証と比べると、そこまで厳しいものではありません。

 ところでジムに通い続ける場合、利用料金も支払っていく事になります。
窓口で支払うというより、金融機関を利用するのが一般的です。
現金を受け渡すのではなく、基本的には銀行振り込みになります。
このためジムに行く当日は、キャッシュカードも準備しておく必要があります。
もしくはクレジットカードです。
クレジット払いなら、カード会社の所定のポイントも貯まりますから、比較的お得です。
そして、入会金もジムに支払うことになります。
入会金の具体的な金額は、ジムによって異なります。
体験コースを受ける前に、電話などで確認しておく方が無難です。
つまりジムの申し込み手続きでは、身分証とキャッシュカードと入会金の3つが必要になる訳です。
その3点を忘れてしまいますと、手続きが遅れてしまう可能性があるので、注意が必要です。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ